Links
 

Author: チンギスハーン国際映画祭実行委員会

モンゴル映画上映週間をシアターセブンにて開催します(2019/9/21〜27)

チンギスハーン国際映画祭実行委員会として、シアターセブンにてモンゴル映画を上映させていただきます。 9/22(日)には、モンゴルミルクティーをお出ししながらの馬頭琴演奏とモンゴル専門家によるトークショーを開催いたします。 映画鑑賞いただいた方は無料で入場いただけますので、ぜひお越しください! 9/22のスケジュール ■12:30~『母』上映(入れ替え) ■14:30~『四季・遊牧』ダイジェスト前編上映 ■16:12 上映終了(トイレ休憩) ■16:20 トークショー&馬頭琴&交流会、ゲスト講演大阪大学今岡良子先生 ■17:20 終了■17:30 完全撤収 モンゴル映画上映週間 (5プログラム・計8作品を日替上映)...

京都今出川の同志社大学にてモンゴル映画上映会を開催します

モンゴルを訪れた日本人は「モンゴルは古き良き日本の空気がある」と言う人も多いモンゴル。 気高く優しいモンゴル民族の生き方には、日本人が忘れてしまった大切なものがあります。 この度、モンゴルの美しい風景や文化、そして人々の人生を映した4作品をセレクトいたしました。   社会主義時代に生きた母の限りない愛を描く「母」 モンゴルの素晴らしい四季の姿を映した「四季遊牧」 現代社会と自然破壊によるモンゴル文化の退廃を描く「オボー」 おじいさんと馬の愛を描く「黒い馬」   映画上映後は、同志社大学の向先生による13世紀のモンゴルバター茶のレシピを再現したモンゴルバター茶をお出しいたします。 ミルクティーを白磁や染付(ブルー&ホワイト)のカップで飲む午後の紅茶の文化の淵源は13・14世紀のモンゴル時代に遡る?モンゴル宮廷のレシピ『飲膳正要』に記されたバター茶の記録をもとに当時の茶文化を探ります。 向先生より モンゴル民族衣装を2着ご用意しますので、試着して撮影なども行なっていただけます。   上映スケジュール 11:00〜12:30 母 12:40〜13:00 黒い馬 13:10〜14:50 四季遊牧 15:00〜15:20 オボー 15:20〜16:00 トークショー イベント後には有志で懇親会も予定しています。 日時:2019年9月16日 11:00〜16:00 会場:同志社大学 寒梅館 入場料:同志社社員・学生無料、一般 1,500円、前売 1,000円   上映作品 母 69歳のシングルマザー・ハンダはモンゴルのオブス州で生活していた。ハンダの唯一の息子は軍隊で働いていたが、不運なことが起こり、殺人罪を犯してしまう。 厳しい社会主義時代のモンゴルで起きた、母と子の愛の物語。 予告編   四季・遊牧 一度見出したらどうしても席を立てない。モンゴルの遊牧民の暮らしのようにゆったりとした時間に包まれながら、終わりまで見てしまう。この作品にはそんな不思議な魅力がある。学術的な記録として撮られた画像なのだろうが、これはもう、作品である。 モンゴルの大自然とそこに暮らす素朴な人々 ―― というテーマで作られたテレビドキュメントはいくらでもある。劇映画もいくつか作られている。しかし、調査隊の学者や学生たちが、日本では想像もできない厳しい自然の中を、ツェルゲルという村で一年を過ごしながら作られた『四季・遊牧』は、そのてのものとはまったく違う。モンゴルを深く知る人によってはじめてとらえることのできる迫力が画面に溢れ、一年間をともに過ごした何組もの遊牧の家族たちへの熱い愛情と、その人たちの暮らしのあり方への敬意が胸をうつ。 推薦の言葉 山田洋次監督   黒い馬 孫が結婚し、町で家を買うためにはお金が必要に。 お爺さんは黒い馬「ハリフ」以外の家畜をならば売ってもいいと許可。 しかし売人が「ハリフ」のことを気に入ってしまう。   オボー   オボーはモンゴルでは神聖的な物です。 オボーは墓ではありません。オボーには女性が近づいてはいけません。昔からモンゴル人がオボーを祭って家族の裕福・平和を祈る習慣があります。しかし内モンゴルでは、若者が伝統の文化を忘れてしまっています。 伝統文化を守り続けるために書いた物語。     前売りチケットについて 下記ページから前売りチケットを20枚限定で販売しています。 各種クレジットカード決済が可能です。 モンゴル映画上映会 & レクチャー チケット購入ページへ   また、同志社大学の購買部でも販売しております。 上映会会場  ...

第2回チンギスハーン国際映画祭 10/8 大阪 スケジュール

第2回チンギスハーン国際映画祭の大阪会場のスケジュールです。 第2回チンギスハーン国際映画祭では、世界唯一の馬頭琴大師の称号を持つ「チ・ボラグ」の演奏やモンゴル歌やホーミーなどの演目と、大いなる母の愛を描いた感動巨編モンゴル国映画「母」や、内モンゴル、日本、オランダ、シンガポール映画など、実行委員会がセレクトした国際色豊かな作品を上映いたします。 高校生以上無料ですので、みなさまお誘い合わせの上、ご観覧にお越しください...

第2回チンギスハーン国際映画祭 10/6 東京 スケジュール

第2回チンギスハーン国際映画祭の東京会場のスケジュールです。 第2回チンギスハーン国際映画祭では、世界唯一の馬頭琴大師の称号を持つ「チ・ボラグ」の演奏やモンゴル歌やホーミーなどの演目と、大いなる母の愛を描いた感動巨編モンゴル国映画「母」や、内モンゴル、日本、オランダ、シンガポール映画など、実行委員会がセレクトした国際色豊かな作品を上映いたします。 高校生以上無料ですので、みなさまお誘い合わせの上、ご観覧にお越しください...

第一回「チンギス・ハーン」国際映画祭にお越しいただきましてありがとうございます

【感謝!】ご挨拶が遅くなりましたが、第一回「チンギス・ハーン」国際映画祭、無事に終了いたしました!ゲストの皆様、関係者の皆様、ご来場のお客様、第一回の開催にお力添え頂きどうもありがとうございました。もっともっと楽しい映画祭になるよう、スタッフ一同精進して参ります。来年も第二回「チンギス・ハーン」国際映画祭を秋に開催予定ですので、引き続きお力添え宜しくお願い致します。今年は残りわずかですが、来年は皆様にとりまして幸多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。 首届“成吉思汗”国际电影节,已经圆满结束!感谢各位嘉宾,各位观众、各位工作人员,对首届“成吉思汗”国际电影节的支持与帮助。明年秋季我们将举办第二届“成吉思汗”国际电影节,希望大家能继续关注与支持我们电影节。请将继续关注第二节“成吉思汗”国际电影节。在新年即将到来之际,也祝大家新年快乐,万事如意! ...

映画祭の中で唯一の日本映画

映画祭の中で唯一上映される日本映画があります。 渡辺紘文監督の『そして泥船はゆく』。 この作品は、第26回東京国際映画祭の 日本映画スプラッシュ部門に出品されたもので、 渡辺監督は以後も3回連続エントリーされた後、 ついに、『プールサイドマン』(2016年)で、 第29回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で、 作品賞に輝きました。 渡辺監督の初期作『そして泥船はゆく』が 大きなスクリーンで観られるのは貴重な体験。 ぜひ、こちらの作品も、お見逃しなく!! ...

IKH TATLAGA バンド PV

【@世界民族映画祭イベント②】 今回の映画祭で来日が予定されているIKH TATLAGA。 モンゴル映画共々、モンゴルの調べを聴きに、 会場にいらっしゃいませんか〜。 こちらの演奏は12月15日。ぜひ、お待ちしております。. IKH TATLAGA バンド “イフタタラガ”モンゴルの伝統芸術ホーミー歌唱法、馬頭琴、モンゴル琴で結成した民族楽器グループ。 サントリーホール,CDデビュー(2016年3月13日)トッパンホール (2016年10月15日) ...

HANGGAI バンド PV

【モンゴル音楽を聴いたことがありますか?@世界民族映画祭イベント①】 今回の映画祭で来日が予定されているHANGGAI のPV。 モンゴル映画共々、モンゴルの調べを聴きに、 会場にいらっしゃいませんか。 お待ちしております。 HANGGAI バンド:(12月16日来日予定) モンゴル民族の伝統音楽であるホーミーや馬頭琴などを取り入れた世界中に活動しているモンゴル族ロックバンド。 世界50ヶ国にて演奏。2015年に中国の人気オーディション番組「中国好歌曲」では優勝も果たしました。中国ベストモンゴル民族バンド。 ...

第一回『チンギス・ハーン』国際映画祭2016 ご案内

第一回『チンギス・ハーン』国際映画祭2016が皆様のご支援と企画・準備に携わった映画祭ボランティア・チームの尽力により開催の運びとなりました。 ⭕️日時:2016年12月15日(木)16日(金) ⭕️主催:『チンギス・ハーン』国際映 画祭実行委員会 ⭕️共催:在日本達斡爾族 (ダフール族)文化交流協会 東京国際知識学院 ⭕️協力:オイド短編映画祭 日本内蒙古経済文化交流協会 ⭕️後援:日本映画大学 現代書法芸術連盟 東京北京国際交流文化協会 ⭕️場所:東京都文京区シビック 小ホール 〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21 交通アクセス: ◎東京メトロ丸ノ内線・南北線➡︎後楽園駅 ◎都営地下鉄三田線・大江戸線➡︎春日駅 ◎JR中央・総武線水道橋駅➡︎【徒歩約10分】   ◉チケット予約とお問い合わせ: 出町光識 (日本語) 080-5446-5459 エノハラカスミ(日本語・中国語) 090-6512-9178 セルグレン(モンゴル語・日本語・中国語) 080-5031-1834 スチンゴワ (モンゴル語・英語・日本 語・中国語) 080-3338-1888 チチゲ (モンゴル語・日本語・中 国語) 080-5039-1834 第一回チンギス.ハーン国際映画祭は、中国内モンゴルで制作、撮影された話題の映画中心に国内外の新進気鋭の監督たちの人気作品を紹介する映画祭です。 今回、第1回目の開催では、モンゴル民族映画に縁のある方にご登壇頂きながら、今映画祭が語り合いの場所になることを、また映画祭を通じて、世界の友好と平和へのメッセージを発信できれば幸いです。 皆様の第一回『チンギス・ハーン』国際映画祭へのご来場を心よりお待ちしております。 ...